岐阜大学 社会システム経営学環
SCHOOL OF SOCIAL SYSTEM MANAGEMENT

NEWS

2023.12.22学環生

新素材のビジネス提案発表会(「イノベーションマネジメント論」(3年次授業))


2023年12月8日(金)と15日(金)の「イノベーションマネジメント論」(3年次後学期授業、担当教員:市来嵜 治 准教授)において、高砂熱学工業株式会社の技術を活用したビジネス提案の発表会を実施しました。

対象は「ハスクレイ」という新素材で、同社の低温排熱を回収・蓄熱して利活用する技術である「メガストック®」で用いられています。乾燥させた「ハスクレイ」に水分を含ませると発熱し、その後に乾燥させることで何度も使用できます。世の中で使われずに捨てられている低温排熱を、異なる場所や時間で利用することができます。

初日(8日)には、同社研究開発本部の川上理亮様と元田治様に、ハスクレイの特徴や活用事例についてご紹介いただきました。また、デモ機や実物もご持参くださり、息をかけることで発熱することを実際に体験しました。その後、学生はグループに分かれて、ハスクレイを用いたビジネスを検討しました。

2日目(15日)は、各グループが考えたビジネス案をそれぞれ発表し、元田様と同社人事戦略統括部の松本瑞基様から「社会課題からアプローチできているところがよい」、「ものでなくサービスに着目できていところがよい」、「さらに利用者の視点での検討が深まるとより良くなる」などのコメントをいただきました。

実際にビジネス提案を考えるだけでなく、企業の方から直接にフィードバックをいただくことができ、貴重な学びの機会になりました。

研究開発本部 川上 理亮 様
研究開発本部 元田 治 様
人事戦略統括部 松本 瑞基 様

記事一覧へ